その53 二兎を追う

2004年当時)
 
曲の採用がやっと決まり、またアニメ主題歌タイアップのキープの連絡が入った。しかし、メロディ、アレンジ、歌詞の、早急な修正が必要だ。そして、歌も新たに入れなければならない。
 
次の提出まで時間がほとんどないので、集中力を上げて、空いている時間を全て作業に注ぎ込んだ。
 
時間が少なかったが、手堅く決めていきたかったので、メロディの修正案を2タイプ作った。歌詞は、遠藤先生に書いていただいた。
 
歌い手さんは、事務所の方で手配していただいた。ミサコさんという、まだ若い女性の方だ。この方も、普段はスペルラヴァー社からコンペを受けて、作家として活動していた。アーティスト志望だが、作る曲のセンスが素晴らしいので、まず作家から、ということだった。とてもソウルフルな歌い手さんだった。
 
時間が少なくて、前日くらいに曲を聴いていただき、ほぼぶっつけ本番で、僕の家で歌った。急な中、本当に頑張って歌っていただいた。
 
ミサコさんからは、この仮歌の仕事が終わった後も、「あの曲どうなったのでしょうか?」と、何度かメールいただいた。良い曲だから世に出てほしい、との気持ちからで、他の作家の作った曲の仮歌なのに、、本当にありがたく思った。
 
(このミサコさんも、それから数ヶ月後、、大仕事をするのだ。その後、念願の、アーティストとしてのメジャー・デビューも果たしている。)
 
いろんな方が協力してくださったおかげで、2タイプのうち、どちらかは選んでくれるのでは、と自分自身で思える出来になった。事務所からクライアントさんに提出した時の手応えも、悪くなさそうだった。
 
とりあえず、2004年はやっと1曲採用が決まって、他にも可能性のある曲が存在している。今回の曲も無事に決めて、来年はタイアップ付きで、アーティストに楽曲を提供するぞ・・・

(次回) その54 三兎を追う

(前回) その52 採用 そして・・・

____

その53 二兎を追う」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *