ASKA「Breath of Bless」

やや遅くなりましたが、ASKAさんの、3/20(金)発売の10枚目のアルバム「Breath of Bless」を聴きましたので、その感想を、ざっとですが、書きたいと思います。

DADAレーベルになってから、ASKAさんは、「Too many people」「Black & White」、そして、今回の「Breath of Bless」と、3枚のアルバムを出してきておりますが、それぞれ、かなり個性の違うアルバムだと思います。

あくまで、僕が感じたことですが、大まかに言えば、

「Too many people」は、それまでに築き上げて、今に至ったスタイルを、現在進行形で発展させたASKAさん

「Black & White」は、新しい自分を出そうと、いろんな新しい試みをしたASKAさん

「Breath of Bless」は、「チャゲ&飛鳥」としてのデビューから2020年までの活動の集大成を、等身大で表現したASKAさん

という印象を受けました。

なので、「Breath of Bless」を聴くと、どことなく懐かしくもあり、また、今の時代を感じさせる音楽でもあります。

デビュー当時だったり、デジタルサウンドを取り入れた時期だったり、国民的デュオに成長した時期だったり、ビートルズサウンドの要素が多くなっていた時だったり・・・ アップテンポあり、バラードあり、ミディアムテンポあり・・・

つまり、「『Breath of Bless』は、CHAGE & ASKA、ASKAソロの美味しいところが、ふんだんに詰まっているアルバム」と言えるのでは、と思います。完全オリジナルの新作でありながら、ベスト盤のような色合いも持っている、とても素晴らしいアルバムです。

特筆すべきは、声の伸びです。「Too many people」「Black & White」も素敵なアルバムですが、前2作と比べても、明らかに、声の伸びが素晴らしく、また声自体も若返っている気がします。(それも、新しく作ったと思われる作品ほど、その傾向を感じます)

これはおそらく、前2作の後、コンサートを精力的に行ったことと、剣道の効果ではないかと思います。ASKAさんは持っている雰囲気が若々しいので、ファンの方は見落としがちですが、62歳であれだけ動けて、あれだけ歌えるのは(しかも懐メロでなく、かなり難易度の高い楽曲も)、超人的なことだと思います。

メロディメーカーとして、とても高く評価されているASKAさんですが、その特徴として、コード進行がかなりトリッキーな時でも、メロディだけを見ると、基本的にはひじょうに簡潔で、なるべく隣り合った音程を組み合わせていて、無駄な動きが少ない(必要な動きだけで構成されている)、そして、しっかりと休符を取っていて、一つ一つのフレーズのプロポーションが美しい、というところがあると思います。

例えば、「太陽と埃の中で」は、サビのメロディが、ハ長調でいえば、ド、レ、ミの、たった3音で、構成されていますが、それでも素晴らしい名曲にしてしまうのです。

この「Breath of Bless」は、上記の、メロディメーカーとしてのASKAさんの素晴らしいところが、とても顕著に出ているアルバムだと思います。まさに、「良いと思ったものを、あれこれ考えずに、素直に形にした楽曲」が、ずらりと並んでいる印象です。

そして、、先ほど、「Breath of Bless」と、前2作との印象の違い、を書きましたが、実は、共通していると思う部分もあります。

特に、「Black & White」と「Breath of Bless」を聴いた時に感じることなのですが、ここ最近のASKAさんは、どことなく、「チャゲ&飛鳥」の初期のアルバム、「熱風」や「黄昏の騎士」あたりを彷彿させるような楽曲が、所々に出てくるのです。たとえば、「Black & White」なら、表題曲の「Black & White」、「Breath of Bless」なら、「じゃんがじゃんがりん」etc… (「じゃんがじゃんがりん」はどことなく、タートルズの「Happy Together」も彷彿させますね!)

自分がまだ未熟だったからなのか分かりませんが、CHAGE & ASKAさんと言えば「同じ人たちが作ったとは思えない」くらい、時代毎に作風が全く変わっていくのが特徴だと、つい数年前まで思っていました。歌い方もサウンドも、メロディラインも。例えば、「no doubt」と「黄昏の騎士」が、同一人物が書いたアルバムだというのは、かなり驚くべきことだと思います。

しかし、ここ最近のアルバムを聴いていると(ASKAソロというのもあるのですが)、当たり前なのですが、「あ、やっぱり、デビュー当時から、同じ人が書いた作品なんだな」みたいな、なんというか、ASKAさんの「素」の状態のようなものが、所々垣間見れることが、増えてきているような気がします。

「Breath of Bless」の楽曲は、名曲揃いですが、特に気に入ったのは、「未来の人よ」「忘れ物はあったかい」「虹の花」「イイ天気」「じゃんがじゃんがりん」「星は何でも知っている」あたりでしょうか? 「虹の花」なんか聴いていると、(これ書いていいのか分からないですが)「ASKAさんって、CHAGEさんのこときっと大好きなんだろうな」と思ってしまいます。また、動画で聴いたよりも、聴いた印象がさらに良くなっている作品が多い気がします。

ちなみに、シングルとしてもリリースされた「歌になりたい」ですが、同名の楽曲を、2014年に、岩崎宏美さんに提供させていただいたことがありまして(「揖保乃糸」のCMのタイアップで使われました)、タイトルを知った時に、とても感慨深いものがありました。またいつか、共演する機会あったら、岩崎さんバージョンも歌ってもらえないかな、なんて 笑

長くなってしまいそうなので、この辺りで。今回、しまったと思ったのが、mp3で購入したため、歌詞や参加ミュージシャンについて、書けなかったことなのですが、またその辺り、誰かレビューされる方がいらっしゃると思いますので、楽しみにしております。

そして近々、、、光GENJIさんの楽曲のカバーを動画で上げようと思いますので、また楽しみにしていてください!

いろんなニュースがあって、本当に大変な状況が続きますが、無理なく、お身体と心を大切にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *